02-1

ViewControllerを作る時、上のダイアログで「With XIB for user interface」にチェックを入れると、xibファイルも自動的に作られますが、間違ってチェックしなかったり、当初はInterface Builderを使うつもりがなかったりすると、後でxibファイルを作りViewControllerとひもづける必要があります。今回はその方法を説明したいと思います。

xibファイルの作成

このようにxibとひもづいてない状態のSTViewControllerがあるとします。
03-1

 

XcodeのメニューからFile > New > Fileでダイアログを開き、左サイドバーからUser Interfaceを選択。そしてViewを選択しNextを押します。

04-1

 

Deviceの選択画面が表示されます。iPhone/iPadから適切なものを選んでください。そしてNextを押します。

05-1

 

ファイル名をひもづけるViewControllerと同じ名前にします。今回は、STViewController.xibです。またTargetsでプロジェクトにチェックする必要がありますが、通常はデフォルトでチェックされているはずです。

06-1

これでxibファイルができあがります。

xibファイルの編集

xibを開くと以下のようにViewが配置されています。

07

 

File’s Ownerを選択し、右側からIdentity Inspectorを開きます。

12-1

 

Custom ClassがNSObjectになっているので、これをひもづけるViewControllerの名前にします。今回はSTViewControllerです。

10

 

次にConnections Inspectorを選択し、viewという項目があるので、丸の部分からドラッグして線を引っ張り、表示されているViewへドロップします。

11-1

これでViewControllerのviewプロパティとxib上のviewがひもづきました。IBOutletとSubviewのひもづけもできるようになっているはずです。

まとめ

  • File’s OwnerのIdentity InspectorからCustom ClassをひもづけるViewControllerのクラス名にする
  • File’s OwnerのConnections Inspectorからviewと表示されているViewをひもづける