iOS 7でフラットデザインになってから久しいです。いまだに賛否ありますし自分も最初は混乱しましたが、個人的にはフラットデザインになって良かったと思っています。今回はフラットデザインになって良かったと思うこと、AppleのHuman Interface Guidelinesを元に、どのようにデザインするのが良いかについて書きたいと思います。

開発者にとってのフラットデザインのメリット

自分が一番良かったと思うことはデザインコストが軽減されたことです。プロのデザイナーの観点からすると、「いやフラットデザインは難しいぞ」という意見もあるかもしれません。ただ、自分のようにデザインセンスのないプログラムしか書けない人にとっては、見栄えに時間をかける負担が減ったのは確かだと思います。

iOS 7以前のNavigationBarやAlertなどもろもろのウィジェットはグラデーションや光沢感があるものでした。単色だと自分が作った部分が浮いてしまうことがありました。OS既存のデザインに合わせるために、グラデーションをかけたり、光沢感のある画像素材を作る必要があったと思います。自分のようなデザインセンスがない人間が無理に合わせようとすると、醜い酷い見栄えになりました。

フラットデザインになって、こういうコストが一掃されたのがうれしいところです。自分のようなデザインセンスが無い人間でも、醜い酷いというレベルを回避するのは難しくなくなったと思います。ウェブで検索すると色の組合せのサンプルなどが出てくるので、それを参考に配色には気を使って、単色で配置していけばあまり酷い見栄えにはならないように思います。結果としてiOS 7から、サードパーティのアプリ含めて、全体的にアプリの見栄えは良くなり統一的になったのではないでしょうか。

以前のiOS標準のデザインに合わせる手間の部分は、アプリの本質、つまりユーザーにとって有用かどうかの部分とは直接関係がないところです。Appleがフラットデザインに舵をとったこと、Human Interface Guidelinesでグラデーションやシャドー、画像素材などは使わないように指示しているのも、開発者に本質的なところで勝負して欲しいという意図もあるのだと思います。

つづく