最新の投稿

    • iOS 7に適したデザインで作る その5 - まとめ

      前回のつづきガイドラインにそって今まで説明してきました。一点だけ解説していない箇所があってそれは「Use Depth to Communicate」の項です。これは階層的表現で画面ごとの関連性をユーザーにわかりやすくといった趣旨の話です。ただ、これはセンスが必要なことで、なかな…

    • iOS 7に適したデザインで作る その4 - 文字と背景の色

      前回のつづきiOS 7からはボタンもデフォルトでは文字だけになりました。それも踏まえて文字や背景の色の使い方について考え直す必要があると思います。ガイドラインを元に書きまとめたいと思います。文字に色をつけるまず基本は文字は黒にして、背景は白、もしくは文字が読みやすい色に留め…

    • iOS 7に適したデザインで作る その3 - システムフォントを使う

      前回のつづき今回はフォントについてです。基本はシステムフォントを使うフォントに関してはガイドラインに「システムフォントの文字間隔、行の高さは、どのサイズでも読みやすいように調整されている」と書かれており、システムフォントの利用を推奨しています。逆に言うとカスタムフォントは、…

    • iOS 7に適したデザインで作る その2 - コンテンツを重視する

      前回のつづき今回はHuman Interface Guidelines(以下、単にガイドラインと略します)を元に、どのようにデザインしていくのが良いかを説明します。AppleがiOS 7からガイドラインで提唱しているのは、単に平坦なデザインにせよということではないので、その辺を…

    • iOS 7に適したデザインで作る その1 - デザインコストの軽減

      iOS 7でフラットデザインになってから久しいです。いまだに賛否ありますし自分も最初は混乱しましたが、個人的にはフラットデザインになって良かったと思っています。今回はフラットデザインになって良かったと思うこと、AppleのHuman Interface Guidelinesを元に…

    • UIScrollViewがbounceしなくなった

      UIScrollView#bouncesがYESのとき、スクロールを上端、もしくは下端にまでひっぱると、びよんと跳ねる(bounce)のはiOSでおなじみです。Auto LayoutとScrollViewの組み合わせで、bounceしなくなることがありました。最初は原因がわからず…

    • UIScrollViewとAuto Layout その3 – 可変サイズのCustom View

      前回のつづき前回でintrinsicContentSizeで正しいサイズを返せば、うまくスクロールすることを説明しました。今回は、スクロールするViewのサイズが可変する場合横画面対応について説明します。サンプルコードhttps://github.com/stac…

    • UIScrollViewとAuto Layout その2 – Custom View

      前回のつづき今回はCustom ViewをScrollViewで動作させる方法を説明します。Custom Viewが自身のサイズを返すようにするAuto Layout環境では、UIScrollView#contentSizeは、スクロールするView(UIScrollVie…

    • UIScrollViewとAuto Layout その1 - 画像表示

      今回はUIScrollViewとAuto Layoutの組み合わせについてです。ここでハマっている人は多いのではないでしょうか。私も見事にハマリました。その経験から、きちんと動作させる方法を解説したいと思います。※ 文中のIBはInterface Builderの略です。以下…

    • viewDidUnloadがdeprecatedになった理由を考察

      iOS 6でviewDidUnloadがdeprecatedになりました。もはやメモリ不足の状況になってもViewController#viewが自動的に解放されることはありません。このドキュメントの「On iOS 6 and Later, a View Controller …