SwiftでArrayを使う方法について。

Arrayの生成と初期化

String型の配列を生成する場合。

var array1: [String] = ["str1", "str2", "str3"]

String型の空の配列を作る場合。

var array2 = [String]()

何が入るかわからない場合はAnyObject。

var array3: [AnyObject] = ["str1", 2, "str3"]

Arrayから値を取り出す

array1はString型しか入らないので特に何かする必要はなく取り出せる。

var str1: String = array1[0]

array3はAnyObjectが指定されているので、as Stringで取り出す型を明示する。

var str1: String = array3[0] as String

nilかもしれない場合は、変数宣言側をString?として、Array側はas? Stringとする。as String?ではなくことに注意

var str1: String? = array3[0] as? String

Arrayに値を追加する

appendメソッドを使う。

array1.append("str4")

これも同じ。

array1 += ["str4"]

複数の要素を追加する場合。

array1 += ["str4", "str5"]

Arrayの要素を置換

array1[1] = "10"

Arrayの要素を削除

index:1の要素を削除。Arrayの要素が1つ減る。

array1.removeAtIndex(1)

すべての要素を削除しArrayを空にする

array1.removeAll(keepCapacity: true)

Arrayの要素数を数える

array1.count