Objective-Cと一部同じ書き方ができないことがあるので注意です。

if文

if a == 1 {
  // Do something.
} else if a != 2 {
  // Do something.
} else {
  // Do something.
}

{}が必ず必要なことに注意

// これらはコンパイルエラー
if a == 1 c = 1
if (a == 1) c = 1
// これはOK
if a == 1 { c = 1 }
// これもだめ
if a == 1 return
// これはOK
if a == 1 { return }

for文

C言語、Objective-Cと違いモダンな書き方です。

// iが0〜10の値までループする(ピリオド3つ)
for i in 0...10 {
  // Do someting.
}
// iが0〜9の値までループする(ピリオド2つと<)
for i in 0..<10 {
  // Do someting.
}
// C言語っぽい書き方
for var i = 0; i < 10; i++ {
  // Do someting.
}

配列のループ

for i in 0..<array.count {
  var item = array[i]
}

単に配列の要素を取り出したく、indexが必要ない場合は、このように書きます。

for item in array {
  // Do someting.
}

Dictionaryのkey、valueを取り出しながらループしたい場合。

var dict = ["key1": "value1", "key2": "value2", "key3": "value3"]
for (key, value) in dict {
    println(key + ":" + value)
}

注意すべきなのは、key1、key2、key3の順番になるとは限らないことです。これはNSDictionaryの時と同じです。